平成26年最新版 松井式合格記憶戦術
過去問を丸暗記で合格できると思っていませんか?
いろんな悩み

  社会福祉士試験の

  基本テキストをご覧になったことはありますでしょうか?

  この基本テキストを見て、
  気が遠くなったという人がいるのも無理はありません。

  一つの科目で448ページ

  社会福祉士は15科目なので、概算ですが約6000ページ以上
  この量を独学で勉強し続けるには、
   膨大な時間と、強い忍耐力が必要
  です。

  ですが仮に、基本テキストを丸暗記できたとして、
  社会福祉士試験に必ず合格できるのでしょうか?

  社会福祉士試験の方式は、
  5択の中から正誤を判断する形式のものです。
  そして、
  1問にかけられる時間は2分もありません。
  理想を言えば1問1分ペースが望ましいのです。

  このような試験の場合には、
  テキストを丸暗記するということが
  本来なら王道であるはずの勉強法で
  落ちてしまう
ということもあります。

  特に、試験までの時間があまりなく

  無駄なことをする余裕がない受験生にとっては、
  勉強効率の良し、悪しが試験の結果を左右する
  といっても過言ではないでしょう。

  短期間の勉強で、社会福祉士試験に合格するには、
  試験の出題方法や傾向に合わせて、
  戦略的に学習の仕方、覚え方を
  選ばなければなりません。

  そこで、誰でも短期間の勉強で
  社会福祉士試験に合格
できるように
  開発したのが
  「社会福祉士突破!暗記不要の戦略」です。


推薦の声を頂きました!
推薦文(埼玉県在住 中村 美南子 さま)
推薦文(近藤様 (大学院生))
推薦文(介護ビジネスプロデューサー藤原 高 様(介護ビジネスカレッジ運営))
合格できるまでの「3つのステップ」


  誰でも、一から始められる内容になっています。

  おおまかに言うと、次のたった「3つのステップ」をやってもらうだけです。

合格までの3ステップ

  たったこれだけです。

  シンプルなこの「3つのステップ」を、自宅で、通勤中、
  好きな時間に取り組めば、
  社会福祉士試験に合格できる知識をグングン身に付けることができ、
  さらに、社会福祉士試験対策のトレーニングもできるのです。

自己紹介

  2009年、大学を卒業。
  社会福祉士と精神保健福祉士の2つをWで一発合格しました。

  私が特別な人間だとか、頭がいいとか、
  そういうことを言いたいのではありません。

  むしろ高校時代は全くと言っていいほど勉強ができませんでした。
  高校時代に受けたセンター試験は、
  得点率50パーセントにも満たなかったくらいです、
  やってもやっても成績が上がらず、自分はダメなんだなと思いました。

  しかし、このままではいけないと思い一念発起しました。

  なぜ、センター試験半分の人間が、Wで一発合格できたのでしょうか?

暗記するための「ルール」とは?


  人間が何かを記憶するという時に、避けては通れないルールがあります。
  私たちは普段から無意識に、そのプロセスに沿って記憶をしています。

  「記憶」重要なカギを握る試験勉強ですから、
  そのプロセスに沿って記憶することが、
  基本中の基本です。

  まずは、記憶するためのルールを理解しましょう。

  人間が情報を「記憶」するプロセスは、
  大きくわけて2ステップあります。

   1.知識を仕入れる
   2.仕入れた情報を定着させる


  知識を頭に入れて、定着させる、これが「記憶」です。

  記憶するためには、まずはじめに知識を入れなければいけません。

  仕入れる時の作業というのは、本を「読む」という行動です。


「勉強内容を覚える」=「知識を頭に入れる」


  ですよね?

  「情報を仕入れる」時に必要な行動は、「書く」ことではありません。


音を「聞いて」、文字を「読む」


  この2つの「仕入れる作業」が、
  効率よく記憶するための理想的な覚え方の第一段階なのです。

  「秋の田の・・・」といわれると「わがころもでは」

  と自然に出てきますよね。

  ずっと前に覚えたことなのに、意外に口から出てくるんです。

  百人一首を覚えるときは
  ほとんどの方が音読もされたのではないでしょうか。

  自分で音読することが
  まず最初の第一歩だと思ってください。

ずっと前に覚えた百人一首が、すらすらいえるのはどうして?


  それが、資格試験における理想の状態です。

  これは「読むこと」と「口に出して喋ってみること」が
  見事に組み合わさった結果です。

  これこそが誰でも使える試験の王道ともいえる方法です 。

長期の記憶にするにはどうすればいいの?

  ほとんどの受験生がしてしまう勉強法として
  「1日5個の単語を覚えれば100日で500個」

  それはその通りなのですが、それでうまくいきましたか?

  ほとんどの方がそれで失敗して

   挫折して

   諦めて

   「自分はやっぱり頭が悪いんだ・・・」

  という負の連鎖に陥ってしまいます。

  正しい暗記の仕方を知らないがために・・・。 。

暗記を楽にするやり方とは

  短期記憶から長期記憶へ変化させるには、どうすればいいのでしょうか?

  覚えたい情報は、アウトプット
  (実際に口に出したり自分で説明すること)することで、
  初めて記憶に定着されるのです。

  試験勉強内容を
  読んだり、聞いたりしながら、口に出す、もしくは書き出す
  ということが記憶の定着方法としては理想なのです!

  記憶の定着をするには、
  情報を「読む」「聞く」という作業で仕入れてから、
  次の「話す」「書く」というアウトプット作業にうつらなくてはいけません。

  順番が大切なのです。

  この順番を間違えては、すべてが無駄になってしまうかもしれません。

  そして、ここでやってはけないことがあります。

  まだ覚えていないことを

   「テキストを見ながらそのまま書き写す」

  という勉強法は、一見、読んで、書いているように感じますが、
  実は、書いてあることをそのまま書き写しているだけでは、
  自分の頭を使っていない、ただの作業になります。

  何も考えていなくても文字が読めて、
  字が書ければ書き写せてしまうからです。

  これでは「書く」作業が「主体的」でなくなってしまっています。
  書くは「主体的」でなければ、意味がないのです。

  その上、書く作業は、時間や労力がかかります。
  勉強した感だけはものすごく得られますが、
  結果がともなわない勉強法だといえますので、注意が必要です。

  「勉強をやったぞ!」という満足感も必要ですが、
  結果的に記憶に残らなければ意味がありませんので、
  このような落とし穴にははまらないでくださいね。

3日前の電話の内容を覚えていますか?

  社会福祉士試験に合格するには、
  「短期記憶」ではなく、
  「長期記憶」にする必要があります。

  「勉強して数日間は覚えていられたけれど、
   数週間したらすっかり思い出せなくなっている」

  こんな経験、思い当たりませんか?

  これは、せっかく覚えたことが「短期記憶」だったために、
  一定期間が過ぎて、忘れてしまったために起こることです。

  社会福祉士にかかわらず、資格試験に合格するためには、
  記憶したことを短期的ではなく、
  長期的に記憶しておかなければいけません。

  昔覚えた百人一首がスラスラ出てきていたのに、
  3日前の電話の内容は思い出せない・・・・。

  これは、人間の脳は、必要な情報だけを記憶し、
  不要な情報は忘れていくものだからです。

  残念ながら、3日前の電話というのは、多くの人にとって
   「絶対に覚えておかなくてはならない必要な情報」
  ではないため、どんどん忘れていってしまうのです。

  では、はるか昔に覚えたのに今でも覚えていることは、
  なぜ必要な情報だと判断されて、今でも記憶に残っているのでしょう?

  ここに、記憶を「長期記憶」にするためのヒントが隠されています 。

つらいだけの暗記と縁を切るには?


  先ほどのお話と少し重なります。

  長期的に記憶して、社会福祉士に合格するためには・・・・

  実は多くの方が、こんな暗記方法を実践されています。

   「毎日2ページずつ覚えよう!」

    10日で20ページ
    30日で60ページ
    3か月で180ページ覚えられる!!

  こんな風に考えたことはありませんか?

  実は、この方法、
  多くの方がやっている必ず挫折する方法なのです。

  この覚え方では、詰め込んでは忘れての繰り返しなので、
  覚えるのがつらくなり、更に言えば
  3か月で180ページでは、時間のかかり過ぎです。

  そもそも、1ヶ月経った頃には
  1日目に覚えたページのことを覚えていますか?

  試験に合格するには、短期記憶ではなく、
  試験の当日まで長期的に覚えていなくてはいけません。

  脳の中には、入ってくる様々な情報の中から、
  「長期記憶」に “する” か “しない”
  を判断している「海馬」という器官があります。

  その海馬が「長期記憶」にする情報というのは、
  簡単にいうと
  「数日間に渡って何回も来た情報か?否か?」なのです。

  つまり反復です。

  繰り返すことです。

  数日間にわたって、というのが重要です。

  1日3ページというように、超短時間で何度繰り返しても覚えたことは、
  短期記憶にはなりますが、長期記憶にはなりません。

  つまり長期記憶にするには、
  「数日間に渡って」「同じ情報」を脳に送り込めばいいのです。

  逆にいえば、何度か繰り返すという作業をしない限り、
  長期記憶にしたくてもできないのです。

  だから、

  「毎日3ページずつ進めて、 3か月で100ページ」

  なんてことは、机上の空論であり、
  脳が長期記憶する原理的に無理があるということになるのです。

  それをやるくらいなら・・・

   今日は1~3ページ
   明日は1~6ページ
   明後日は1~9ページ

  といった具合にするほうが、はるかに合格しやすくなります。

  百人一首の練習を思い出すと、それにぴったり当てはまります。

  毎日、毎日、小学校で繰り返し、情報を脳に送り込んだことによって、

  脳は
  「何度も何度も情報を送ってくるってことは、この情報は大事なんだ!」
  と判断し、
  脳の長期記憶である海馬に、その情報を保存してくれるのです。

『暗記不要』なら頭の良さや特別な技術はいりません!


  聞いたり、読んだりしたことを、
  話したり、書いたりしてアウトプットすることが大切。

  そして、それを長期的に記憶に残すには、
  数日間に渡って、 繰り返すことが重要

  だということが、徐々にわかってきたと思います。

  この勉強法に、学歴や、IQなどの頭の良さは全く関係ありません。

  しかし、こういった小さな勉強法の違いが結果をわけます。

  正しい勉強法で、社会福祉士試験に取り組むことで、
  あなたは社会福祉士試験に合格できるでしょう。

  でも、時間のない私にそれができるかしら?
  でも、歳で記憶力の衰えている私にそれができるのか?

  社会福祉士試験を受けられる多くの方は、現在、働いていたり、家事があったりと、
  なかなか時間が取れない方が多いでしょう。

休みが不規則、勤務が不規則、
残業、休日出勤、定時になんて帰れない・・・。


  いざ、記憶のプロセスに沿って勉強しようとしても、
  その時間がとれなければ意味がありません。

  通勤中に、声を出してテキストを読むわけにはいきませんよね。
  仕事の休憩時間に・・・
  気軽に声を出してテキストを読める場所なんてなかなかありません。

  文字を書くといっても紙と鉛筆が必要になりますし、
  もし、用意できたとしても、書くことの一番の欠点は、時間がかかる、
  ということです。

  しかも、まだ覚えていないことに関しては、書いて覚えることは非効率です。

  あなたの貴重な時間を、結果の出ないことに費やす訳にはいきません。
  そんなことをしては落ちてしまいます。

『暗記不要の合格戦略』は時間がない方のために作りました。

こういう人に向いてます

  「社会福祉士突破!暗記不要の合格戦略」なら、
  これらのことをすべて解決!

  ゆっくり机に向かって勉強できない時でも、
  どこでも記憶ができるよう、様々な方法を提供しています。

  具体的には、
  まずはお手持ちの参考書を利用し尽くすところから始めましょう。

  そのためにはまず、「参考書の○○」を読んでください。
  へたにテキストを読むより効果があります。

  そして次に○○にある書き込みをしていきます。

  こうするだけで、あなたの弱点が一目でわかり、
  自然とどこを勉強すればいいのかがわかってしまうのです。

  「暗記不要の合格戦略」というと、難しく感じてしまうかもしれませんが、
  要するに、試験に合格するための
  「記憶方法」や「考え方」、「点数の取り方」
  に沿って勉強を進めるのです。

  「戦略に沿って勉強する」ことの、その効果は絶大です。

  もし、あなたが以下のような勉強方法をしているのであれば

勉強方法
  この
  「暗記不要の合格戦略」を使って勉強することで、
  その絶大な効果を目の当たりにするでしょう。
社会福祉士合格戦術マニュアルの目次(一部抜粋)

合格戦術マニュアル内容

商品仕様

これで合格を目指します!

お支払い方法


ご購入頂いた方へ「3つの特典」をご用意しました!

特典1:回数無制限メールサポート

  ご購入日から1年間メールでの質問が可能です

  わからないことや不安なこと、参考書や勉強が進まないが故の不安や焦り、
  何でも相談してください。
  1人での勉強はつらいものです。
  なので、私があなたの伴走者になって合格まであなたを支えます。


特典2:合格祝い金5,000円プレゼント


  この教材を購入されて合格し、
  顔写真と合格の喜びの声を送って下さった方には、
  お祝い金5,000円プレゼント(先着5名様) 

  なお、お送りいただいた顔写真、あるいは合格通知の写真は
  当ホームページに掲載させていただきます。

特典3:社会福祉士試験秘密のごろ合わせプレゼント


  ご購入後にお送りする「アンケートに答えていただいた方」に
  試験を楽にしてくれる秘密のごろ合わせレポートをプレゼント。

  これは購入後ご登録いただいたメールアドレスに
  添付ファイルの形でプレゼントさせていただきます。

疑問に答えるQ&A


質問1
  本当に短期間勉強するだけで、
  合格できるレベルの実力がつくんでしょうか?

回答1
  社会福祉士試験を突破するには、
  そのための勉強法、勉強する上でのコツがあるのです。

  このプログラムを読めば そのコツが掴めます。

質問2
  これに書いてあることを実行すれば、本当に合格できるのですか?

回答2
  この商品に書かれてあることを忠実に実行して頂けるならば、
  合格できると確信しています。

  ですが、”絶対に” とは言いません
  この世の中で、100%確実ということはありませんので。

  ただ、誤解されないように申しますが、
  どれだけ頭のいい人でも、勉強しなければ、
  努力しなければ合格はできないのです。

  ですから受験生は、 みんな勉強するのです。

  しかし同じように勉強しても、合格できる実力がつくやり方と
  そうでないやり方があります。

  このマニュアルでは
  短期間で効率よく実力がつく勉強法を公開しています 。

質問3
  3カ月前に、社会福祉士受験を決意しましたが、
  しかし、テキストの1つの項目でつまづいてしまい、
  そこから先に進めずやる気も落ちてきてしまいました。
  このままでは合格できそうにありません。

回答3
  教材の中でも紹介していますが、
  重要なのは緊張感を持って勉強するということです。

「あなたが受験しようとした理由はなんですか?」

  最初の気持ちを思い出してください。

  受験を決意した理由。
  どんな理由でも構いません。
  ただその思いが自分に正直かどうかです。

  そうすれば、あなたの中にあった迷いは薄くなり、
  どうやったら合格できるかを、考えて行動できるようになります。

質問4
  マニュアルに書かれている勉強法はどんな勉強法ですか?

回答4
  上記の目次にもありますが まずは普段の勉強の仕方です。

  モチベーションの保ち方から暗記の方法です。

  そして、得点に結びつく選択肢の排除の仕方です。

  選択肢の作り方や出題者の心理を読むことで正解率を上げることができます。

質問5
  この教材だけで、試験の全範囲がカバーできるんですか?

回答5
  この教材は、参考書や教科書的な物ではなく、
  試験に受かる「コツ」や勉強法を中心に書いてあるので、
  試験範囲をすべてカバーしているものではありません。

  記しているものは主に戦略です。
  あなたはどこの科目に力を入れるべきなのか。
  どこに力を入れれば点数が上がりやすいのか。
  もっともお伝えしたいところがここだからです。
  すでに8割取れる科目があるなら、
  まだ2割しか取れない科目を重点的に勉強すべきです。
  その際、力を入れるべきポイントも記しています。

  私は基本的に楽をしたい人間です。
  基本テキストを読み込んで勉強するやり方は、私には合いませんでした。
  頭も決していい方ではありません。
  そこで、どうにかして楽に受かりたいと考えました。
  考え付いた方法を実行した結果、
  合格できたので、皆さんにも合格していただき受験勉強から解放され
  その時間をあなたのクライアント様に使ってほしいのです。
  そんな思いでこの教材を作りました。

  どんな勉強の仕方が合っているかは人によって違います。
  なので特典のメール相談を使い倒してください。

  以前の合格者様からは「早い返事でうれしかったです」と
  お褒めの言葉もいただきました。
  ご相談くだされば、当方でご指導致します。

質問6
  有名なテキストは、購入した方がいいでしょうか?
  私が今使っているのはあまり有名なものではなく、
  まわりの誰も使っていません。
  不安です。

回答6
  結論を言わせていただければ、
  有名な参考書は一応は目を通した方がいいです。
  売れている参考書には、やはりそれなりの理由があるからです。

  でも、買っただけで使わないなら、それは意味がありません。
  また、どんな参考書を使うかよりも、
  今お使いの参考書や問題集を何回も使うほうが千倍重要です。
  参考書の有名・無名は合否に影響ありません。
  ご自身がどれだけその参考書を使ったかです。
  大切なことなのでもう一度言います。
  参考書の知名度は合否に影響ありません。

質問7
  児童の施設での職員をしています。

  職員数が足りなくて、毎日走り回って仕事をこなし、残業も多く、
  休みもろくに取れません。
  定時に上がれることはめったにありません。
  家に帰っても何もする気になれません。
  一体、いつ勉強したらいいのでしょうか?

回答7
  お疲れさまです。大変ですよね。
  私も経験あるのでわかります。

  福祉の現場では職員不足で、今いる職員の方がギリギリのところで頑張って、
  それで現場が何とか回っている状態であることは、私も承知しています。

  疲れているときの勉強は正直逆効果です。
  それをするくらいなら
  いつもより早めに起きて、朝に勉強することをお勧めします。
  疲れているときは思い切って早めに寝てください。
  その分早く起きて
  体の疲労を取り除いたうえで勉強されることをお勧めします。


商品仕様

これで合格へ最短距離♪

お支払い方法